就活のための英語は必要?TOEICは?

 

どうも

せいちゃんです。

 

さてさて、

今回は、就活において

いい会社に入るためには英語をやっておいた方がいいのか!?

について話していこうと思います。

 

巷の就活本やネットには、大手企業に内々定もらう為には、

TOEIC○○点ないとダメだとか色々書いてありますよね!

 

TOEICはマストではない!

僕は実際、英語を勉強するのが好きだったので、

最終的にTOEIC750までは取得していました。

 

でも、

TOEICのおかげで、内々定もらえたという実感は全くないです 笑

 

そもそも、履歴書にTOEICのこと何にも書いてなかったですしね…笑

(TOEICの結果が出る前に履歴書を提出しないといけなくなった笑)

 

 

実際僕が大手企業に受かった理由というのは、

僕自身の考え方が上手く会社とマッチしていたからで、

決して英語力のおかげではないと思うんです。

 

実際周りを見ても、英語できない人沢山いますし。

 

もちろんグローバルな会社で働いていく上で、

英語力というものは必要となる場面はやってきます!

 

ただ、入社前に英語ペラペラじゃないとダメだということはありません!

 

[スポンサーリンク]

 

重視されるのは、努力したプロセス

あ、ひとつだけ誤解を招かないように言っておくと、

前回のブログでもお伝えしたように、

英語力を身につけようと努力したプロセスそのものは評価される

可能性はあります!

 

企業の採用活動において、学生を選ぶための

平等な判断基準を用意しなければならないんですよね。

 

そのため企業は、

TOEICという物差しを使って

皆さんの英語力や努力できる能力を判断しようとしています。

 

だから決して英語力そのものが評価されるわけではないんです。

(そもそもネイティブ並にペラペラならともかく、ちょっと勉強した程度では大した戦力にならないのが実情です)

 

あ、でも外資系企業の場合は別です!

この場合英語はできて当たり前で、更に別の強みが必要になってきます。

 

おわりに

努力できる人なら、

入社してから英語は頑張ってもらえばいいや!

そういう風に会社は考えます!

 

というわけで、

就活のためだけに英語を勉強する必要はない!

これが僕の意見です!

 

ただ、英語そのものは

自分の世界を広げるために非常に有益なツール

であることは間違いないです!

 

英語の重要性そのもののお話は、

またブログに書いていこうと思っています!

 

教科書をコツコツと勉強するよりも、

海外の人と交流してみたり、英文を書いてみたりと

アクティブな方向で頑張っていけるといいと思います!

スポンサーリンク