そもそも無理して大学に行く意味はあるのか?高卒でも大手企業に入れればいいじゃないかと思ってる方!

 

社会人になってからというものの、

学びの多い毎日です。

 

学びのチャンスはいつでもどこにでも溢れています。

自分の心がけ次第では、

この学びをモノにできると思っています。

 

今回は、

「大手企業入るだけなら、高校からでもいいんじゃないの?」

という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

一度はどこかで

こんな声を聞いたことがあるんじゃないかといった感じですよね!

 

 

高校卒業後、大手企業に就職するには?

 

実際、大体どこの高校にも、

大手企業からの求人というのはきます。

 

いわゆる学校推薦という形です。

学校推薦においては、

成績優秀かつ人物優秀と見なされれば、

大手企業には問題なく入れると思います!

 

大手企業に入るための成績の目安は、

およそ上位10%程度でしょう。

 

大学で上位に入るよりは

高校の方が努力しやすいかと思います。

 

高卒&大手企業で安定的に稼ぐのもアリ

 

こういうことを考えると、目的が「大手企業」だけであるならば、

大学から入るよりも、高校から大手企業に入る方が、

比較的容易になのではないかと思います。

 

大学まで行って、下手な中小企業に入社するよりは、

高卒で大手企業に入社した方が

生涯年収は高くなる可能性も十分考えられます。

 

そもそも大学に行くのであれば、

4年間分の収入をどこかで挽回しないといけません。

 

自分のやりたい仕事は、

大学に行かないとできないという場合は別として、

生涯年収だけで考えたら上記のような考え方も有りです。

 

[スポンサーリンク]

 

総合職と一般職の違い

 

ただし、実際に働くことも考えないといけません。

総合職(大卒)と一般職(高卒)では

仕事内容や待遇に大きな差があります。

 

特に、社内で常に総合職の方々を見上げながら働くことになります。

また、一般職では定型業務が多く

ルーティン的な仕事をこなす場面が多くなります。

 

多くの人を引っ張っていくのは無理!

自分で考えたりするのはいやだ

 

という人は高卒入社を考えてみても良いかもしれません!

 

上記とは逆の場合、つまり

 

リーダーシップを持って仕事をしたい!

自分で考えたアイディアで会社貢献したい

 

と行った場合は、大卒入社を目指してみると良いでしょう。

 

以上のように、安定的な生活をしたいのなら、

高校から大手企業に入るのも1つの手だとは思います。

 

なんにせよ大学には、

何か目的を持って行くべきなのは間違いないですね!

スポンサーリンク