就職活動

視野を広げる重要性とは!?大学生なら遊びも極めるべき!?

投稿日:2018年8月22日 更新日:

 

どうも

せいちゃんです!

 

さてさて、このブログでは、

大手優良企業に入るためには、

大学生のうちに自分の強みを作っておくべきだ

という話を発信しています。

 

ここでいう強みとは…

大学の勉強

ゼミや研究室での研究

英語の勉強

など、極めるものについては人それぞれで構いません。

 

 

物事を極める重要性

 

何を極めるかが重要なのではなく、

何かに一生懸命取り組んだ過程

こそが自らの心に余裕と自信を生み出し、

それを企業が感じ取って採用するのです。

 

 

さて、ここで極めるものは、

必ずしも上で上げたようなお固いものでなければならないのか?

と言われれば、実はそうとも言い切れません。

 

結論から言えば、

遊びを極める

これだけでも十分な強みとなります。

 

サークルで取り組んでいるスポーツとか、趣味のゲーム、アウトドア…etc

何でも良いのです。

今の時代、遊びを極めることで稼ぐことすら可能になる時代です。

 

ただし、それには全力でやらなければなりません。

 

遊びと適当は違います。

 

全力でやりぬいた先には、

あなただけが知るノウハウやコツなどが分かるようになっているはずです。

 

その情報こそが非常に重要で、世の中の人は欲します。

 

[スポンサーリンク]


 

精一杯遊び学べば、就職活動にも繋がる

 

就職活動の面接においても、

この人は何かにひたむきに取り組むことができる人

というふうに判断してもらえます。

 

というのも、

新卒採用では過去の職務経験がないため、学生時代の生活から

「この人が働くことになったら、どういうふうになるだろうか」

という未来を企業は予想するしかないのです。

 

会社が欲する人材になれ!

 

企業は何もあなたの趣味そのものに関心があるわけではありません。

 

基本的に会社は、

 

まじめに働いてくれる人

何か先進的なアイディアを提案してくれる人

 

を求めています。

簡単に言えば、

「会社に新たな利益をもたらしてくれる人、でも、独創的になりすぎずに言うことも聞いてくれる人」

と言い換えられます笑

 

都合が良いと感じるかもしれませんが、会社員とはそういうものです。

 

それが嫌なら、自分ひとりで稼ぐ道を探すしかありません。

 

なんにせよ、求人倍率の多い大手企業に入社したいのであれば、

何も勉強系だけでなく、

 

自分の興味があるフィールドを極める

 

この考え方が非常に大切だよ、

ということを今回はお伝えしようと思いました。

 

この記事が役立てば幸いです!

ぜひ夢に向かって頑張っていきましょう!

スポンサーリンク



[スポンサーリンク]



[スポンサーリンク]



-就職活動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

まだ間に合う!就職活動が始まる前までにやっておくべきこととは?

どうも せいちゃんです。   就職活動になると、 大学からガイダンスの案内がきたり、企業説明会のチラシが入っていたりしますよね!   目次1 他人と差別化してこそ優秀な人材と見なさ …

無名大学からでも大手企業に就職できた話

  はじめまして! せいちゃんです!   現在24歳で製造業メーカーの総合職社員として働いてます。。 日本でも有数の大きな会社、いわゆる大手企業です!   目次1 大手企 …

大手企業で働くデメリットとは 【多くの大学生が間違えている就活観】

さてさて、このブログでも長らく大手業の内定を得るためのイロハを書いていますが、 今回は大手企業で働くデメリットについてもお話していこうと思います。   ちなみに僕は超大手メーカーで働いている …

就職活動のために、大学院には進学するべきか??

  どうも! せいちゃんです。   前回、前々回と研究室の選び方や研究の流れについてお話しました! 今回も研究室について話していこうと思います!   今回はズバリ、就職活 …

分かりやすい話の仕方は○○!トークの上達法

  どうも せいちゃんです。   前回の大学院進学への話が好評だったようで 嬉しい限りです!   前回、大学院で得られるものの一つとして 分かりやすく人に話をする力が身に …

プロフィール

せいちゃん

1994年生まれ。理系私立大学院卒で電気材料を専攻。大学入学当初は大学にまともに通っていなかったが、将来に不安を感じ一念発起。独自の勉強法を編み出し学年トップにまで上り詰める。その功績を教授に認められ、大学院進学を決意。2年間で10回を超える学会発表を経験。また論文執筆に取り組むことで「伝わる興味を惹くプレゼンテーションスキル」と「ひと目で理解できる文章作成能力」を会得。趣味として、英語学習をはじめTOEIC450→800。外国人と積極的に話すことで使える英語を習得。

小さな成功体験を積み重ねつつ、目標の一つであった大手企業就職を実現。現在は、誰もが知る超大手自動車系メーカーで勤務。

プロフィール詳細はこちら

[スポンサーリンク]