ネイティブが使う「値段が高い!安い!」表現  【レアジョブ英会話】

皆さまこんばんは。

せいちゃんです。

 

昨今、英語英語と言われている社会ですね。。

グローバルな大手企業だと、TOEIC○○点が昇進に必要となったり、なにかと英会話スキルが求められたりします。

オフィス内に海外出向者がいたり、職場に英語で電話がかかってきたりすることも珍しくありません。

(社会生活における英語の必要性はこちら

 

よく社会人が学生時代に英語をもっと勉強しておけばよかったとボヤくのは、このためです。

社会人になると自由な時間は限られてきます。

 

 

僕自身、実は、プライベートで外国人の友人がいて、その友だちとは英語で話をしています。

 

なので、ある程度英語を話すことに抵抗感はないのですが、

今後、会社で必要になるかもしれない…これはまずい…というわけで!!

 

最近、レアジョブの英会話レッスンを受講しています!!

そこで学んだこれは使える!と思ったフレーズを皆さんにシェアしたいと思います。

 

[スポンサーリンク]



 

 

ネイティブが使う自然なフレーズ3つ

ネイティブが使う有用な表現を皆さんにもシェアしたいと思います。

今回は以下の3つです!

 

  • cost an arm and a leg

値段が高いという意味です!値段が高いで思いつきやすいのはexpensiveですね。

こちらはネイティブもよく使うそうで、何かを買うときに腕1本と足1本が必要になる….という意味から転じて

ものすごく値段が高いという意味になるそうです!

 

例 : This shoes cost an arm and a leg.

(この靴めっちゃ高いね)

 

  • cost a fortune

こちらも同様に値段が高いという意味だそうです!

 

例 : I can’t make up my mind which shoes to buy since both of them cost a fortune.

(どっちの靴を買おうか悩んでいるんだよね、両方とも高くて….)

 

  • dirt-cheap

こちらは、「めちゃめちゃ安い」の意味ですね!inexpensiveと同義だそうです!

 

例 : The shoes she bought look dirt-cheap.

(彼女が買った靴はめちゃ安そうにみえる)

 

これらの表現を覚えることで、ネイティブに近づいていきましょう!!