英語

ネイティブの使う「過去に遡る」言い方 【レアジョブ英会話③】

投稿日:2018年9月23日 更新日:

みなさまこんにちは。

毎日レアジョブ英会話を受けています。。もうすぐ一ヶ月!

 

英語力があがったかはわかりませんが、場慣れはしてきて、

英語話すのが恥ずかしいとかいう気持ちはなくなってきたな~と実感しております。

本日習ったフレーズは

go back in time

です。

これは過去に遡るという表現です。

例えば友だちと旅行に来て、

Everything looks very traditional here.

(ここのものは全部伝統あるものだね)

Yeah, it’s like we went back in time!!

(うん、過去にもどったみたいだね)

のように使うことができます!

 

使いやすいフレーズなのでぜひ覚えておきましょう。

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]



[スポンサーリンク]



-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

効率的な英語の勉強方法と絶対に徹底するべきマインドセット

  みなさん。 どうもせいちゃんです。   今回ですが、 社会人・大学生関わらず非常に重要な「英語」の勉強方法に関する記事です。   目次1 英語を学ばなければならない理 …

ネイティブの使う「時間が立つのは早い」言い方 【レアジョブ英会話④】

皆さんこんにちは!!   最近英語を使う機会が少し増えてきています。 一緒にいると楽しい人って時間がすぎるのがはやいですよね! そんなときよく、 Time passes so quickly …

就活のための英語は必要?TOEICは?

  どうも せいちゃんです。   さてさて、 今回は、就活において いい会社に入るためには英語をやっておいた方がいいのか!? について話していこうと思います。   巷の就 …

ネイティブが使う「値段が高い!安い!」表現  【レアジョブ英会話】

皆さまこんばんは。 せいちゃんです。   昨今、英語英語と言われている社会ですね。。 グローバルな大手企業だと、TOEIC○○点が昇進に必要となったり、なにかと英会話スキルが求められたりしま …

プロフィール

せいちゃん

1994年生まれ。理系私立大学院卒で電気材料を専攻。大学入学当初は大学にまともに通っていなかったが、将来に不安を感じ一念発起。独自の勉強法を編み出し学年トップにまで上り詰める。その功績を教授に認められ、大学院進学を決意。2年間で10回を超える学会発表を経験。また論文執筆に取り組むことで「伝わる興味を惹くプレゼンテーションスキル」と「ひと目で理解できる文章作成能力」を会得。趣味として、英語学習をはじめTOEIC450→800。外国人と積極的に話すことで使える英語を習得。

小さな成功体験を積み重ねつつ、目標の一つであった大手企業就職を実現。現在は、誰もが知る超大手自動車系メーカーで勤務。

プロフィール詳細はこちら

[スポンサーリンク]