大学生が勧誘されやすい危険なマルチ商法

こんにちは。

せいちゃんです。

 

就活も徐々に落ち着き出した頃ですね。

でもまだ内々定ゲットしてない人も焦る必要は全然なしです!

 

さて、今回はいつもと少し異なる話題「マルチ商法」についてです。

 

危険なマルチ商法

皆さんは、マルチ商法をご存知でしょうか。

聞いたことはあるが、身近ではないという人が多いと思います。

 

 

Wikipediaで調べてみると、

会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、

階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引である

と難しく説明してあります。

 

ねずみ講(厳密にはマルチ商法とねずみ講は違うのですが)と似たもの

と言った方がピンとくる方も多いかもしれません。

 

例えばAさんがBさんに商品を10000円で販売としましょう(下図を参考)。

このとき、Aさんは売上の数十%をインセンティブとして受け取ることができます。

さらに、BさんがCさんに同様に10000円で商品を販売すると、

Bさんも売上の何%か受け取ることができます。

 

このとき、Aさんの懐にもお金が入ります。

つまり、Aさんは何もしてないのにお金を受け取ることができるのです。

 

このように

紹介者がさらに紹介者を増やしていくことで収益を得るビジネスモデルがマルチ商法となります。

 

これだけきくと楽して稼げるというイメージを持ってしまいますが、

この商売は実はとんでもない危険を孕んでいます。

 

※(参考)

ねずみ講とは、マルチ商法の商品が無いバージョンです。

売り物がないのに何かの組織に勧誘だけさせるのは違法です。

[スポンサーリンク]

 

マルチ商法がなぜ危険なのか

違法ではないものの、マルチ商法は極めて危険なビジネスです。

 

なぜマルチ商法が危険なのかというと、

大きく分けて2つの理由があります。

 

1つは、非常に儲けづらいこと

 

『沢山の知人に紹介していけば、紹介が紹介を呼んで楽に儲けられるよ!』

という謳い文句を見かけますが、現実的には難しいです。

 

というのも自分に紹介がかかる時点でピラミッドの最下層に属してしまうケースが大半だからです。

 

ピラミッドの下層になるほど、商品を販売するのは難しくなります。

何故なら、その商品に純粋に興味を示すお客さんは、ピラミッド上層がすでに販売済みだからです。

 

その状態で、更に紹介していくというのは非常に厳しいです。実際に儲けられずにやめていく人が多数です。

 

2つ目の理由は、人間関係がぼろぼろになるからです。

 

1つ目の理由からも分かるように、マルチ商法は、全員がハッピーになるビジネスではありません。

ピラミッドの上にいる人だけが甘い蜜を吸い続けることができるのです。

 

奮起して、親戚、友達、知人を片っ端から勧誘していくと、

これまでの信頼関係から商品を購入してくれる優しい人たちもたくさんいます。

 

が、それと同時に彼らからの信頼を失ってしまうのは間違いありません。

 

なぜなら、マルチ商法は全員が幸せになるビジネスではないからです。

 

あなたより下の階層にいる人(つまりあなたが紹介した人)は

あなたよりインセンティブが少なくなるし、何よりも営業対象にされたと失望されます。

 

実際に、マルチ商法をやって友達をたくさん無くした人を何人も知っています。

 

学生が勧誘されやすい!?ビジネスコンサルタント型のマルチ商法

ここまでは、よくあるマルチ商法の話だったのですが、最近はその手口が巧妙化しています。

 

社会経験があり分別の効く社会人より、社会のことをまだ分かっていない学生をターゲットにしようという動きがあります。

 

特に意識の高い学生などが狙われます

 

起業してみたいけど、やり方がよく分からない人などターゲットにされやすいです。

 

・アフェリエイトのやり方教えるコミュニティ

・投資のやり方教えるコミュニティ

 

といった様々な「コミュニティ」に参加させようとしてきます。

 

自分たちは仲間だということをアピールすることで、抜けにくくさせようとします。

「親友」「家族」「仲間」といったキーワードは特に要注意

 

また彼らの特徴として、異常なくらいのポジティブシンキングで宗教的です。

「夢」「奇跡」といったオカルトワードに注意してください。

 

SNSや出会い系で他人と会うと実はマルチ勧誘だったパターン続出

SNSや出会い系サイトで友達探し、恋人探しすることは最近珍しくありません。

 

それ自体は悪いことではありませんが、

そのようなサイトがマルチ勧誘のツールとして悪用されているのが現実です。

 

SNSや出会い系サイトでフリーランスをやってます。とプロフィール欄に記載されてる人と会うのは要注意です。

可愛い女子がすぐに会いたいと言ってきたら、マルチ商法のパターンが非常に多いです。

 

特に「稼げる方法を教えてあげる」というビジネスコンサルタントの形が非常に多いです。

 

「女子と2人で会うつもりが、他男性も同行し話をするうちに実はマルチ勧誘だった」

 

「最初は2人きりだが、世間話をしているとビジネスの話に誘導され、

興味がないかときかれる。きっぱり断れずにいると、師匠的な人物に会ってみないかと誘われる」

 

などのパターンは実際にあります。

 

彼らのやってくることは洗脳です。

自分は大丈夫だと思っても知らず知らずのうちに洗脳されてしまうので本当に注意が必要です。

まずは自分の今まで信じてきたことを全否定されます。そして、脅されます。

 

【今のままだとろくに稼げるようにもならないサラリーマンになるしかないよ】

【これからの日本は、自分で稼げるようにしておかないとまずいよ】

【楽だし誰でもできるから大丈夫】

 

などと言った文言です。

 

こちらが少しでも、躊躇すると、また全否定され、彼らの勧誘に乗るしか手立てがないような気がしてきます。

そのような場面に直面したら、その場で帰るくらいの心意気でいた方がいいです。

 

おわりに

いかがでしたか?

頭は良いけど社会経験が足りない学生などは、ビジネスコンサルタントという名目のマルチ勧誘の被害に遭いやすいです。

 

優しい性格の人は話だけでも聞いてみるかと思いがちですが、それが大きな落とし穴です。泥沼にハマって抜け出せなくなります。

危ないと思ったらその場で、帰るようにするのが懸命です。