社会人になると何故コミュニケーションが重要と言われるのか

せいちゃんです。

さてさて、

今回は対人関係の重要性についてです。

 

僕自身、大手企業でサラリーマンとして働いていますが、

コミュニケーションが最も重要だとつくづく感じます。

 

仕事の能力とコミュニケーション両方あれば最強ですが、

どちらが重要かと言うと間違いなくコミュニケーションです。

 

最悪、仕事の能力が低くてもコミュニケーション力さえあればなんとでもなります

しかしその逆は難しいです。

 

そこまでコミュニケーションが重要だと言い切れる理由は何故でしょうか。

今回はその理由を2点まとめました。

 

1. 会社の仕事内容は会社の人しか知らない

何故コミュニケーションが重要と感じるのか?

それは、

会社の仕事は会社の人に訊くしかないからです。

 

全てインターネットに書いてあるなら特に問題ないでしょう。

分からないことがあれば調べるだけです。

しかし実際にはそうではありません。

 

仕事で困ったことがあれば、

会社の上司や先輩に相談して解決するしかないのです。

 

ここで、上司や先輩の協力が得られないと仕事を進めることが難しくなってしまうでしょう。

 

教える側としても、「好きか嫌いか」で対応が変わってきます

好かれていれば、色んなことを教えてもらい頼りになると思いますしかし、

嫌われているとスルー(無視)されることも多いです。

 

[スポンサーリンク]


 

2. 評価は社内の上司が行う

2番目の理由は、会社内での評価査定です。

 

会社内での評価は非常に重要です。

 

評価次第で、

ボーナス額の変動

出世の有無

人事異動(行きたいor行きたくない部署への異動支持)

面白い仕事の割り振り

などが決まってくるからです。

 

仮に評価する人物が、社外の自分とは無関係の人物であれば「純粋な実力勝負」になります。

 

しかし、

実際には自分の直属の上司が評価するため

好かれているか嫌われているかがどうしても関係してきます

 

中間管理職も好き嫌いの感情は排除して評価に臨むべきだと指導されてますが、

やはり人間なのでどうしても機械的に評価はできません。

 

好かれていればプラスの評価を得やすく、

嫌われていればマイナスの評価になりやすいです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

恐らくコミュニケーションの重要性には、学生の方でも気付いていると思います。

日本企業で働く上では、どうしてもコミュニケーションを意識する必要がありますね。

 

特に、大手企業は分からなければ自分で考えずにどんどん訊きまくる!という姿勢が評価されます

(ベンチャー企業だと自分で解決しようとする姿勢が評価される)

 

大手企業を目指す方は学生時代の時からコミュニケーションを意識するように心がけましょう!

コミュニケーションの重要性については別のブログでも話していますので参考にしてください!

人に気に入られるメリットって?実力より重要!?

人見知りでも初対面の人と仲良くなる方法【意識するだけ!】